寝坊助な妻が神様に見える時がある|妻の欠点を改善する方法。

妻が神様に見える時の記事の画像

あなたの妻が欠点だらけでも、必ず強みがあることを、今日はひとつだけ思い出してみませんか?

エッセイ|寝坊助な妻が神様に見える時

小さな身体を丸めて、大きな大きなソファーを占領する妻

他愛もない家族との時間。子供と話す妻の声、いつしかそれが無邪気な子供の声だけになった時 ー

妻のゴロ寝がはじまる。

そっと静かな寝息を立てながら、朝、昼、もちろん夜、すべての時間において、妻は”寝ること”を好む。ゴーゴーと唸るような寝息じゃないことが唯一の救いか、もしそうなら離婚だ。

要は、僕の妻を一言で言うなら”寝坊助”。それですべて説明がつく。

今日も朝から、二度寝の妻。

「いいかげん、起きてよ」

「うーん」

そして三度寝。

なんとも言えない沸々した気持ちが込み上げてくるが、僕は決して怒鳴ったり、発狂したり、手を出したりすることは絶対にない、心優しい僕。たまに、少し泣くくらい。それとたまに、書斎の部屋に閉じこもるくらい。

「ほんと僕がいなきゃ何もできないんだから」

よくある映画のオープニングで流れてきそうなBGMを聴かせながら、そんな言葉を、もう何百回と喉の奥に飲み込んできただろう。

とは言え、こうも言える。

妻には僕がいなくちゃ。それと対象的に、僕にも妻がいなくちゃ。

人は生きていると、毎日の中で数多くの選択肢を迫られる。それをすべて自分だけで選択していくのはかなり至難の技だ。

そこで、僕の数多くの選択肢を一緒に紐解いて処理してくれるのが、理屈上は人生のパートナーである、寝坊助の妻だ。

寝坊助とは言え、それは「何もしない」訳ではない。あらゆる人が持ちわせている“強み”が妻にももちろんある。(僕の強みはココ。)

僕のメンタルをコントロールする

それは”僕のメンタルをコントロールする”こと。

例えばそれは洋服を選ぶ時に起こる。

「お!この服、めっちゃ良いじゃん!」と思い、その服を買おうとすると、妻の「それはやめておいた方がいいよ」の一言で、めっちゃ良いじゃんと思っていた服が、良くない服に早変わり。逆に、「この服良いと思うんだけど、どうしようかな」と買うのを悩んでいる時に、「それ良いじゃん」の妻の一言で、買うのを迷っていた服が、あっけなくレジを通過していく。

例えばそれは人生で悩んだ時に起こる。

「職場の上司と意見が合わず、理不尽な態度を取られて、辛かった。」という人間関係の悩みを持ち帰ったとしても、「あなたが正しい」という妻の一言で、ムシャクシャしてた気持ちが、スッと消えて、上司のことを理解しようという気持ちが芽生える。

寝坊助な妻が、神様に見える時。

それは、普通に生きていたら気づかない。相手の欠点だけじゃなく、自分との関係の上で成り立っているモノゴトを、ちゃんと見なくちゃ気づかない。

つまり何が言いたいかと言うと、あなたのそばにいる誰か(ここでは妻と仮定)は、あなたの人生における選択肢を、消化する役目を担っているということ。それは、人生をより効率的に、そして生産性を高めるためのパートナーシップである。

妻の欠点を改善する方法は、妻(相手)から求めるのではなく、自分から気配りを持つこと。

そして今日も、寝坊助な妻の横で、スヤスヤ眠る僕がいる。

このエッセイを読んでくれたあなたへ。

あなたの妻が欠点だらけに見えても、そこには必ず強みがあることを認識することで、相手に対しての見方が180度変わります。

俺がなぜ、妻の欠点ではなく、強みを見るようになったのかはこの本に書いています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

妻が神様に見える時の記事の画像

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。