iPhone7のカメラもいいけど!ミラーレス一眼カメラのおすすめ|PENTAX Q-S1のズームレンズキットを買ったって話。

ミラーレス一丸なら、iPhoneなどのカメラよりも

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。

どもども、デザインブロガーPEITAです。

今回は、最近手に入れた”PEANTAX Q-S1”を購入した理由と、その開封の儀の話。

現在、世の中にあるカメラのスタンダードな種類としては、スマホ/タブレットのカメラ、コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)デジタル一眼レフカメラミラーレス一眼カメラがありますよね。

それぞれに、もちろん特長があります。

言ってることが当たり前すぎる、バカタレ俺。

その中でも、一般的に良い写真(性能的な話)が撮れると言われているデジタルカメラと言えば、”デジタル一眼レフカメラ”ですよね。

これもピンきりですが(笑)

俺は”Canon EOS 60D”というデジタル一眼レフカメラを愛用してます。

Canon EOS 60D|Photographer|ぺーやん

Canon EOS 60|Photographer|ぺーやん

このCanon EOS 60Dというモデルは、2010年9月18日に発売されました。

すでに6年も前のモデルです。

現在は、Canon EOS 60Dの後継機として、Canon EOS 70DCanon EOS 80Dも販売されています。

後継機ですので、どちらも本当に素晴らしいカメラですよ。

特に、2016年現在では、Canon EOS 80Dの人気は高いです。

一眼レフカメラは重い、でもiPhone7では物足りなかった

もちろん、俺はまだまだCanon EOS 60Dをメインに現役で使っていきますし、重宝しているし、気に入らない点を言い出せばキリがありませんが、とりあえず満足している一台です。

しかし、俺の中で最大の難点一つあるんです。

それは、モバイル性です。

カメラも所謂コンピューターですので、あえてモバイル性と言わせてもらいますね。

持ち出すには、ほんと重いんですよ、マジで。

カジュアルに持ち出すには、全くもってナンセンス。(笑)

それでも、画質重視でガシガシ使ってきましたけどね…。

最近は「撮影しにいくぞ!」って時や、このブログ用での撮影のみCanon EOS 60Dを使ってました。

それはそれとしても、もっとカジュアルに、モバイル性重視で、「撮りたい!」時に良い写真が撮れて、「撮っている自分もカッコイイじゃん」ってなるようなデザインで、日常的に持ち運びできるくらいのコンパクトサイズのカメラがほしいって思ってたんです。

なんか、笑い声が聞こえましたが、何か?(笑)

iPhone7を所有してますんで、iPhone7こそが写真や動画を撮影しやすいカジュアルなスタイルなのは言うまでもありませんが……

否定するつもりもありませんし、AppleさんiPhoneのカメラの開発これからも宜しくお願いします。

ただ、ただですよ…iPhone7はカメラだけどカメラじゃないんですよ、まだ俺の中では(笑)

そう、古風です俺。

しかしながら、iPhone7有効画素数は1200万手ぶれ補正もあり4K動画も撮れるので、困ることはないというか、逆に良すぎな印象もあります。

なので、とりあえずiPhone7で日常を撮影することは多々あるんです。

しかしね、しかし、しかししかしね。(笑)

先程も言いましたが、もっと「カメラで撮っている!」という醍醐味を味わいたいわけですよ、俺は(笑)

デジタル一眼レフカメラは重いし…

iPhone7コンパクトデジカメだど…なんだか味気ないし、レンズ交換もできませんからね。

それなら、ミラーレス一眼じゃん!ってことで色々探していました…

ミラーレスはミラーレスでも、10万円以上するものもありますが、割りとリーズナブルな価格設定もあり、一眼レフカメラよりは、安価な市場です。

しかし、ミラーレスの需要や、各メーカーの方向性(EVF機能など)を示す機種が、最近は進化したカメラが発売されていますので、種類も豊富で、どれがいいんだかなんだか、さっぱりでした。

ただ、俺の中では「とにかく小さく、でも画質もそれなり、かつ安っぽくなく、評判の良いカメラ」が欲しいなって思ってました。

そんな都合のいいカメラがあるわけ無いですよね〜。

って思ってたら、あったんですよ!

山越え谷越え川越えて〜、その勢いで嫁の反発も越え、やっと辿り着いた。

それが”PEANTAX Q-S1”でした。

ミラーレス一眼レフカメラ”PENTAX Q-S1”の開封の儀

今回購入したのは”PENTAX Q-S1ズームレンズキット ブラック”です。

それ以外の色も可愛かったし、オシャレなんですけどね。

やはり、俺は何でもガジェットはブラックの方が性に合っているようです。

てか、俺だけじゃなくて、ブラック好きな人は多いと思いますが(笑)

まさに、無難ってことですね。

この一言につきます。

では、とりあえず、ササッ開封していきたいと思います。

PENTAX Q-S1|Photographer|ぺーやん

PENTAX Q-S1|Photographer|ぺーやん

外箱は意外と高級感がありますね。

PENTAX Q-S1|Photographer|ぺーやん

PENTAX Q-S1|Photographer|ぺーやん

中身は、保証書2枚(本体とレンズ)各種説明書電源コード充電ドッグバッテリーUSBケーブルストラップ本体レンズになります。

PENTAX Q-S1|Photographer|ぺーやん

PENTAX Q-S1|Photographer|ぺーやん

PENTAX Q-S1|Photographer|ぺーやん

PENTAX Q-S1|Photographer|ぺーやん

PENTAX Q-S1|Photographer|ぺーやん

PENTAX Q-S1|Photographer|ぺーやん

PENTAX Q-S1|Photographer|ぺーやん

PENTAX Q-S1|Photographer|ぺーやん

PENTAX Q-S1|Photographer|ぺーやん

PENTAX Q-S1|Photographer|ぺーやん

ミラーレス一眼レフカメラ”PENTAX Q-S1”を選んだ決定的な理由

ずばり言うと、異常なコンパクトと、異常な価格と、異常なコスパでした。

”PEANTAX Q-S1”異常なコンパクトさについて

ミラーレス一眼のコンパクトさは、どのミラーレス一眼を買おうと、満足できるサイズ感ですけど、この”PENTAX Q-S1”は、完全に異常すぎるくらいコンパクト

Magic MouseとPENTAX Q-S1|Photographer|ぺーやん

Magic MouseとPENTAX Q-S1|Photographer|ぺーやん

Magic Mouseと同じくらい、また、厚みはあれどiPhone7の方が大きいんですよ。

”PEANTAX Q-S1”異常な価格について

価格が超安かったんですよ、マジで!

俺が購入したのはAmazonPrime会員限定のサイバーマンデーセールで、22000円税別(元値は50000円以上)で買いました。

残念ながら、セールはもう終わってるんですが、購入を検討していた方は、年末や年明けのセールを狙いましょう!

そこいらのコンデジとかでもなく、ミラーレス!ミラーレスの一眼ですよ!

なのに、こんな価格で購入できるなんて!

俺はツイてるツイてる!(笑)byひすいこたろうさん

いやいや、そういう状況では使わないんですけどね。

ツイてないんじゃなくて、完全にツイてるでしょ?俺(笑)

”PEANTAX Q-S1”異常なコスパについて

ちょいと調べて見ればわかりますが、この”PEANTAX Q-S1”レビュー評価は、本当にかった。

異常なコンパクト、かつ異常な激安価格、それでもう十分なのに、画質良好(有効画素数1274万、iPhone7と変わらないようですが、イメージセンサーのサイズが違いますんで)で、露出補正であったり、絞りシャッター速度、それに液晶でのEVF確認であったり、コンパクトデジカメやiPhone7ではできない、細かい撮影の設定ができます。

つまり、コストパフォーマンス最高ってことでしょ!

すぐに飛びつきましたよ(笑)

そして、すぐにポチりました(笑)

もうね、早くもね、明日からすぐに持って回りますよ、そりゃ。

とにかく、「さぁ撮影するぞ!」ではなく、「撮りたい時に撮る」というスタイルで、カジュアルに持って遊びたいと思います。

また、このPENTAX Q-S1には、様々なカラーリングがあるんですが、ほぼほぼ今は絶版状態です。

しかも、このPENTAX Q-S1の開発は終了していますので、新品で手に入れたい!と思う方は、早めに購入を薦めますよ

販売終了してしまったら、中古でしか買えなくなるんですから。

興味がある方は、以下よりチェックして下さいよ、お早めに。

しかも、安いんで。

手軽にバシャバシャ撮っちゃう感覚で、使いたせますよ。

ということで今回は、最近手に入れた”PEANTAX Q-S1”を購入した理由と、その開封の儀の話でしたミラーレス一眼レフカメラを買おう!と思っている方や、ミラーレス一眼レフについて知りたい方、さらにはミラーレス一眼レフカメラのイメージセンサ(=CMOS)と言われる電子部品に興味がある方は、色々な情報や電子部品のパーツを注文できるRSコンポーネンツという会社がありますので、そちらをチェックしてみて下さい。

»»RSコンポーネンツ

では、またお会いしましょう。

see you next.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

Push7で購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。