デザインブロガー愛用のバッグはSPITFIRE CLASSIC BACKPACK!メンズの人気バッグの選び方の参考に!

デザインブロガーPEITAの愛用バッグSPITFIRE CLASSIC BACKPACKの記事

普段のライフワークに欠かせないモノたちを運ぶために。

初めての方も、俺的デザインログを定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうざいます。

どもども、デザインブロガーPEITAです。

あなたは、毎日のライフワークをこなす上で欠かせないガジェットや製品などを持ち運ぶバッグは何を使っていますか?

デザイナーでありブロガー、そして企業(会社)の企画広報の仕事をしている俺の普段使いのバッグはこれです。

SPITFIRE CLASSIC BACKPACKの写真①

ということで今回は、デザインブロガーPEITAの普段使いのバッグ【SPIT FIRE  CLASSIC BACKPACK】をご紹介させて頂きます。

結論から言いますと、ビジネスでの使用を考えた場合、機能面では多少物足りなさを感じますが、メインポケットはかなり大容量で何でも入るし、リュックという形(肩ベルト)の実用性も高くデザインが気に入れば、ビジネスも含めた普段使いのバッグにも最適です。

あなたのバッグ選びの参考になれば幸いです。

SPITFIRE CLASSIC BACKPACK

商品の概要

商品名

  • 【SPIT FIRE スピットファイヤー スケボー バッグ】CLASSIC BACKPACK【カモ】NO17

サイズ

  • 縦約43cm x 横約28cm x マチ約15cm

カラー

  • カモ

ブランド情報

spit fire logoの画像

【SPIT FIRE】

  • 超人気スケーター達をサポートする、老舗ウィールブランド【スピットファイア】
  • 戦闘機の愛称をスケートボードのタイヤのブランドに名付けるこのセンスはアイテムデザインにも反映しており、洒落っ気と茶目っ気満載のグラフィックはスケーター以外の方にも大人気!

商品説明

SPITFIREのシンプルなデザインのバックパックです。スケートキャリータイプではないので、無駄のないシンプルでスマートなデザインになります。スケーター以外の方にもオススメです。

引用元|Amazon

使い始めた理由は2つ

必然の出会い

以下の記事でもご紹介していますが、俺は2018年にJoblessという長崎にあるスケボーショップで福袋を購入しました。その福袋の中に入ったいた商品が「SPITFIRE CLASSIC BACKPACK」でした。

その福袋の気になる中身については、以下に詳しく記事にしていますので合わせてお読み下さい。

 関 連     長崎スケボーショップJoblessの福袋の中身をネタバレ公開!合計金額はいかに? 

»»Joblessはこちらから

以前使っていたバッグは、

こちらの「Herschel ダッフルバッグ」です。

2017年に使用していた「Herschel ダッフルバッグ」と、その中身についてご紹介した記事も合わせてお読み下さい。

 関 連     ブロガーPEITAのカバンの中身【おすすめパソコンなど19選のアイテム】を大公開。 

このバッグを愛用しはじめて約2年ほど経過していたこともあり、”廃れ感””くたびれ感”が日に日に増していた状態だったので「そろそろ替えようかな」と思っていたところでした。

「SPITFIRE CLASSIC BACKPACK」はビジネス用ではないので、収納面で弱さを感じるところではありましたが、せっかく福袋に入っていた商品ですので、使わないと損だと思い使い始めました。

と、「SPITFIRE CLASSIC BACKPACK」に少々失礼な言い方をしていますが、実際にこのバッグは”スケボーバッグ”というカテゴリなので、ビジネスバッグ(=仕事用)として使う際に、ビジネス寄りの使いやすさを求めるのはナンセンスだと思いつつも、このブログの本質である”新たなモノとの出会い”という巡り会わせでもあると感じ、自分から求めていたたビジネスバッグではありませんが、”必然の出会い”という落とし所に折り合いをつけ、とりあえず使い始めました。

背負うというメリット

SPITFIRE CLASSIC BACKPACK背負う写真

SPIT FIRE CLASSIC BACKPACK」は、ビジネス目的として求めることはできないと話をしましたが、「Herschel=トートバッグ」から「SPIT FIRE CLASSIC BACKPACK=リュック」というシステムに変わったことで、収納などの機能面という部分ではレベルダウンしたものの、”荷を背負う=荷を持ち運ぶ”という部分に関して、非常に快適になりました。

トートバッグは、どちらかの肩への負担、もしくは手で持つ負担があり、持ち方によってはどうしてもどこかに負担が偏りがちになり、体や腰への負担も大きくなってしまいます。

しかしその点リュックというものは、肩ベルトを両肩で背負うことにより、その重さを全身で受けることになるので、同じ重さであっても非常に軽いし(=軽く感じる)、肩や腰などへの負担も分散化され、移動や持ち運びに関して実用性が高いというメリットに気づきました。

外観のレビュー

正面からの場合

SPITFIRE CLASSIC BACKPACKの写真①

デザイン的には非常にシンプルであると言えます。

正面上部に、【SPIT FIRE】のロゴが配置されている以外には、それほど装飾されている箇所はありません。

横からの場合

SPITFIRE CLASSIC BACKPACK横の写真

商品概要にも書いたように、マチのサイズが15cmということですので、特別大きいわけでもなく、小さいわけでもなく、普通のサイズ感です。

背負い面からの場合

SPITFIRE CLASSIC BACKPACK背面の写真

写真で見て分かる通り、背中と接触する部分が4段のクッションで構成されています。厚みはそれほどありませんが、特別薄いという印象はなく、それでいて通気性も悪くないようです。

SPITFIRE CLASSIC BACKPACK「SPIT FIRE」のロゴの写真

肩ベルトの向かって左側には【SPIT FIRE】のテキストがデザインがされています。

収納面について

小さいサブポケット

SPITFIRE CLASSIC BACKPACKのサブポケット写真①

この「SPITFIRE CLASSIC BACKPACK」には2つしかポケットがありません。そのうちの小さいサブポケットの方です。

写真の通りそれほど大きくはありませんので、”小物入れポケット”というベタな使い方になると思います。

大きなメインポケット

SPITFIRE CLASSIC BACKPACKのメインポケット写真

「SPITFIRE CLASSIC BACKPACK」自体のサイズが縦約43cm x 横約28cm ですので、そのままそれだけ入ってしまう容量となっています。

写真で見てお分かり頂けると思いますが、意外とバーンと大容量にモノを入れることができます。

ただ、ビジネスバッグに備わっているような”仕切り”がありませんので、中にモノを入れる際は、大雑把に入れるか、自分で仕切りのようなインナーケースを購入して、整理する必要があります。

俺の場合は、そのまま入れ込んでいますので、特にインナーケースは使っておりません。

収納してみて

サブポケットはどうか?

とりわけこのポケットサイズに入るものしか入れれない感じです。

俺は財布やiPhoneなどを入れています。

メインポケットはどうか?

SPITFIRE CLASSIC BACKPACKのメインポケット収納写真

MacBook ProやiPadなど、ガジェットを入れるのは全く問題ありません。

ちなみに俺が愛用するMacBook Proは、2016年TouchBar搭載15㌅モデルです。

SPITFIRE CLASSIC BACKPACKのメインポケットにMac収納写真

2016年にボディサイズがスリム化されたことで、ちょうどギリギリ入るくらいです。なので、通常の15㌅サイズのノートパソコンは無理かもしれません。13㌅なら問題ないと言えます。

macbook記事クリックの写真

肩ベルトについて

SPITFIRE CLASSIC BACKPACK肩ベルトpg

写真で見ると「薄くない?」とペラペラな印象を受けてしまうと思いますが、実際に触った感じは結構ガッシリとしていますし、クッション素材も悪くないので、肩にかけた時は非常に楽です。硬さもないし、ペラペラ薄い感じもなく、ほどよい背負い心地になっています。

最後に

SPIT FIRE CLASSIC BACKPACK

いかがだったでしょうか?

ということで今回は、デザインブロガーPEITAの普段使いのバッグ【SPIT FIRE  CLASSIC BACKPACK】をご紹介させて頂きました。

冒頭で書いたように、ビジネスでの使用を考えた場合、サブポケットとメインポケットの2つしかポケット(=仕切り)しかないので、バッグの中を整理しながら収納するような機能的な部分では物足りなさを感じます。

しかし、メインポケットはかなり大容量なので、色々な物をとにかく詰め込んで持ち運びたい人自分でインナーケースを準備して自分流にバッグの中身を整理した人には最適なバッグだと思います。

また、手持ちのバッグや肩掛けバッグと違って、リュックという形(肩ベルト)なので、背負った時の体や腰への負担も軽減され、非常に実用性が高く、ビジネスも含めた普段使いのバッグにも最適です。 

あなたの普段使いのバッグ選びの参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

また、お会いしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

デザインブロガーPEITAの愛用バッグSPITFIRE CLASSIC BACKPACKの記事

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

Push7で購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA