[解説]iPhone12 Pro・Pro Maxのリフレッシュレート 120Hzとは?

iphone12-pro-120hz
今、iPhone11が安い!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、2020年4月発売の新型iPhone(第2世代)や、iPhone11シリーズお得に安く買えるプランを用意しています!

今が買いです!新規MNPするなら今!

auオンラインショップ
ソフトバンクショップ
ドコモオンラインショップ

徹底解説
iPhoneSE(第2世代)が買いな理由

Amazonで買い物するなら登録しないと損!

CMなどで話題沸騰中のAmazon PRIME ビデオが見放題のプライム会員は、月額たった500円で、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです!

登録めちゃお得!
Amazon プライム会員になる

/新しい読書のおすすめは”本を聴く”\

iPhone12 Pro・Pro Maxのリフレッシュレート 120Hzって一体どういうことなのか、それはどんなことに影響があるのかについて解説します。

前回の記事で、5.4インチiPhone12 miniの実寸サイズ感を初代SEやSE2とを比較して解説していますので、まだの方はそちらもチェックしてください。

以前に2020年の新型iPad Proのレビュー記事「画面のリフレッシュレートがめちゃくちゃ良くて表示速度がすごい」という話をお伝えしていたんですが、やはりiPhone12でもそのリフレッシュレートが高いことが判明しました。

そのリフレッシュレートが高いおかげで、一体お何が変わるのか?についてと、その高いリフレッシュレートを実現させるために搭載されるバッテリー容量、そして値段や発売も合わせてお届けしますので、どうぞ最後までお読みください。

ではまず、iPhone12 Pro・Pro Maxの現時点でわかっていることからサクッとお伝えしておきます。

イシハラ
当ブログを運営しているイシハラ イッペイ(InstagramTwitter)と申します。

YouTubeではAppleの最新情報やガジェットや本や映画など人生に役立つ最新の情報動画でお届けしています!

読者の皆様、そして初めての方も!

ぜひ チャンネル登録 宜しくお願いします。

YouTube戦略収益(売上)公開中!


【解説】iPhone12 Pro・Pro Maxのリフレッシュレート 120Hzとは?

こちらの動画で詳しく解説していますのでぜひチェックしてください。

また、以下に詳しく文章でも解説していきます。

iPhone12 Pro・Pro Maxのスペック・値段(価格)・発売日

iphone-12-pro-max-pa

6.1インチのiPhone12 Pro

  • OLED(有機EL)ディスプレイ
  • A14 Bionic
  • 発売日:11月
  • 価格は$999から
  • 日本円で約107000円から

6.7インチのiPhone12 Pro Max

  • OLED(有機EL)ディスプレイ
  • A14 Bionic
  • 発売日:11月
  • 価格は$1099から
  • 日本円で約118000円

詳しくは以下のiPhone12シリーズの最新のまとめ記事をチェックしましょう。

iPhone12 Pro・Pro Maxのリフレッシュレート120Hzとは?

iphone12-image

このチャンネルでも逐一チェックしている海外YouTubeチャンネル のEverythingAppleProが報じた内容によりますと、

120HzリフレッシュレートのPro Motionディスプレイが搭載

iphone-12-pro-120hz

iPhone12 Proには120HzリフレッシュレートのPro Motionディスプレイが搭載されるとのことです。

これについて、僕の視点も交えながら、それが一体どういうものなのか、そしてそれがどう影響するのかについて解説していきます。

リフレッシュレートとは?

少し端的にリフレッシュレートについて説明しておきますと、ディスプレイ画面が1秒間にリフレッシュされる、更新される回数になります。

これはiPhoneなどのスマートフォンに限らず、テレビでもパソコンのモニターによっても、設定されているリフレッシュレートは違います。

リフレッシュレートの数字が高いと一体どうなるのか?

例えば、ゲームアプリの画面の動きや遅延、特にシューティング系のゲームアプリではレイコンマ1秒などよりも素早い世界でターゲットを見つけることが重要になりますので、リフレッシュレートが高い方が有利になるわけです。

さらには映画やYouTube動画の映像コンテンツの美しさ、それにアクションやスポーツなんかでも特に高いリフレッシュレートの方がより美しく快適に楽しめるということになります。

要は、スマホでもテレビでもモニターでも、リフレッシュレートが高いことで、それらがより快適になり、高性能なものであると言えます。

リフレッシュレート120Hz搭載はProシリーズのみ

そして冒頭でもお伝えしましたが、そのリフレッシュレートを搭載したモデルはiPhone12 ProとiPhone12 Pro Maxのみとなっていまので、それだけコストもかかり、高価になってしまうとも言えます。

とはいえ、さきほど紹介した価格について

  • iPhone12 Pro:999ドル(約107,400円)
  • iPhone12 Pro Max:1,099ドル(約118,100円)

となっている通り、iPhone11 Proシリーズの価格と比較しても、据え置き、もしくは若干安くなる可能性がありますので、120Hzのリフレッシュレートを搭載したiPhone12 Proシリーズは、旧型と比較した場合、そこは明らかに進化したポイントだと言えます。

もちろん普通に使う分には、60Hzでも問題なく使えますが、より動きの滑らかさや美しさが際立つのが120Hzです。

リフレッシュレート120Hz実現でバッテリー容量増量

3-kouzou-logicboard-iphone12

そしてその120Hzのリフレッシュレートを実現させるために、容量の大きいバッテリーを搭載することになるので、iPhone12 Proの筐体の内部を縮小したロジックボードが3層構造になったとしています。

消費電力などの具合にもよりますが、iPhone12 Proシリーズのバッテリー容量は、旧型と比べると、大きめの容量を搭載すると考えられます。

もちろん、iPhone歴代ナンバーワンの特大6.7インチのiPhone12ProMaxは、本体サイズも大きくなるので、さらにバッテリー容量が増えると予測できます。

最後に

ということで、iPhone12 Proシリーズのリフレッシュレートが高いおかげで、一体お何が変わるのか?についてと、その高いリフレッシュレートを実現させるために搭載されるバッテリー容量、そして値段や発売も合わせてお届けしました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

/iPhone12の最新情報【まとめ】ここから\

※この記事で引用、参照している内容や写真元はこちら

source:EverythingApplePro

今なら最新モデルのiPhoneも買い時!

買い時な理由は?

各キャリアで特割などのキャンペーン絶賛実施中です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Amazonでお得に商品を買う方法を知っていますか?

Amazonで普通にお買い物する時に「自分で購入したギフト券」を使うと、通常理もポイントがつくのでお得に安く商品を購入することができます!

詳しくは以下の記事に書いていますので、Amazonで商品を買う前に必ずチェックしておきましょう!

CHECK【知らなきゃ損!!】Amazon ギフト券「チャージタイプ」の安くてお得な使い方!

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

バナー

今、iPhone11が安い!


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



Fireworkの動画特集!新発見がここにある!

iphone12-pro-120hz

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。