iPhone Fold?折りたたみ式の2画面ディスプレイモデル発売の可能性

iPhone-flip-fold
今、iPhone11が安い!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、2020年4月発売の新型iPhone(第2世代)や、iPhone11シリーズお得に安く買えるプランを用意しています!

今が買いです!新規MNPするなら今!

auオンラインショップ
ソフトバンクショップ
ドコモオンラインショップ

徹底解説
iPhoneSE(第2世代)が買いな理由

Amazonで買い物するなら登録しないと損!

CMなどで話題沸騰中のAmazon PRIME ビデオが見放題のプライム会員は、月額たった500円で、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです!

登録めちゃお得!
Amazon プライム会員になる

Appleが発売を目論んでいるとされる折りたたみ式デバイスについて解説致します。

そのアップルの折りたたみ式のデバイスのリークの話をする前に、欠かせない歴史となった折りたたみ式のスマートフォンとして2020年に登場したサムスンのGalaxy Z Flipについて少しだけ話をしておきます。

イシハラ
当ブログを運営しているイシハラ イッペイ(InstagramTwitter)と申します。

YouTubeではAppleの最新情報やガジェットや本や映画など人生に役立つ最新の情報動画でお届けしています!

読者の皆様、そして初めての方も!

ぜひ チャンネル登録 宜しくお願いします。

YouTube戦略収益(売上)公開中!


iPhone Fold?Appleの折りたたみ式の2画面ディスプレイモデル発売の可能性

こちらの動画で詳しく解説していますので合わせてチェックして下さい。

以下より文章でも解説していきます。

折りたたみ式のスマートフォン サムスンのGalaxy Z Flip

Galaxy-Z-Flip

発売当時、YouTuberやガジェットブロガーの方々も大注目し、それらのレビューなどもかなり話題になりました。

僕といえば、完全なるiOS派なので、Android端末であるGalaxy Z Flipには、手も足も出ませんではなく、出しませんでしたが、スマートフォンの市場を揺るがす、近未来的なその外観のデザインやメカニズムは大いに心を躍らせるものでした。

縦画面の折りたたみ式が賛否両論

しかし、折りたたみ式のスマートフォンのスタートダッシュとしては、なかなか残念な評価を受けているのも事実で、使い始めて数日で壊れた、とか、あえて縦画面の折りたたみ式にしたことで、メッセージの送受信や返信にしても何かと使いづらいという意見も多く、かなり賛否両論でした。

しかし、それらの使い勝手や残念なポイントを差し引いたとしても、結果的には、めちゃくちゃポジティブな市場を生み出しました。

それは、真っ二つに曲がるガラスです。

先進的かつ技術的に素晴らしい真っ二つに曲がるガラス

Galaxy-Z-Flip-2

湾曲するのではなく、真っ二つに曲がるというか、つまり閉じる、折り畳めるガラスという、サムスンの驚くべきテクノロジーにあります。

折りたたみ式のデバイスは他にももちろんあります。しかし、それはガラスではなく、柔軟なポリマー製ディスプレイでした。

しかし、何度も言うようですが、サムスンが発売したのは、真っ二つに曲がるガラスです。

先進的な市場へのアプローチ

これがどれだけの先進的な市場へのアプローチとなったのかは僕たちで計り知れませんし、なぜアップルが、最新のiPhone12にさえ、サムスン製のディスプレイを採用し続けるのかは、その技術の高さ、そして進化はものすごいものがあるからにほかならないのかもしれません。

そして、これからのスマートフォンやデバイスの市場の新たな扉を開く鍵となる可能性のある折りたたみ式のスマートフォンに、アップルが足を踏み入れようとしているという話に参りましょう。

Appleの折りたたみ式2画面デバイス

このブログでいつも追いかけているAppleのアナリストであるジョンプロッサー氏が、アップルの折りたたみ式デバイスについて、先日このようなツイートをしました。

ディスプレイがヒンジでつなげられたメカニズム

Appleが開発しているプロトタイプの端末は2つのディスプレイがヒンジでつなげられたメカニズムになるとしています。

これは先ほど冒頭でお話した、Galaxy Z Flipの真っ二つに折り畳めるガラスとは明らかに違うことが分かると思います。

また、YouTubeチャンネル、「GregsGadgets」のマクファーデン氏も、アップルの折りたたみ式デバイスについて、発売の可能性を示唆しています。

では、その2つのディスプレイがヒンジでつなげたデバイスのデザインや機能の最新のリークをいくつかご紹介します。

iPhone Fold?のデザインや概要

iphone-fold

まず、iPhoneとiPadを一体化したようなデバイス とされており、iPhone6以降のモデルや、iPhone11の丸みを帯びたラウンド状のステンレス製フレームが採用される。

そして、ノッチは搭載されませんが、Face IDが搭載される仕様になる。

さらに、2つの画面を開いている状態であれば、2画面の双方向は、シームレスになるようです。

また、この2つの画面を搭載したデバイスが、iPhoneなのか、iPadなのか、はたまたMacBookや他のデバイスになるのかはまだ明らかになっていませんし、新たなデバイスがラインナップされる可能性もあります。

ヒンジ部分のメカニズムの特許を狙うApple

とりわけ、この2画面デバイスは、ヒンジ部分のメカニズムについては、繊維素材を用い、それを何層も重ねたり組み合わせ、柔軟性と強度をもたせるというものだそうで、アップルはこれの特許を取得を目指しているようですので、どのようなヒンジになるのか、めちゃくちゃ楽しみです。

ヒンジというか、折りたたみ式で特徴のある製品といえば、さきほど紹介したGalaxy Z Flipもそうですが、Surface Duo、それにSurface Bookシリーズのヒンジも面白いものがありました。

この状況で、アップルはどんな2画面デバイスを発売してくるのか、かなり楽しみになってきました。

そして、今回ご紹介した内容や、最新のiPhoneの情報やAppleに関しての動画を僕が運営するYouTube「俺的デザインチャンネル」でも配信していますのでぜひチェックして下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Source:iPhone mania

/iPhone12の最新情報【まとめ】ここから\

今なら最新モデルのiPhoneも買い時!

買い時な理由は?

各キャリアで特割などのキャンペーン絶賛実施中です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

スマホ バナー

今、iPhone11が安い!


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

Fireworkの動画特集!新発見がここにある!

おすすめ関連記事を特集!!



iPhone-flip-fold

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。