世界遺産 富士山に登る|富士山の五合目からの登山を、初心者でも成功させたストーリー#3

どもどもぺーやんです。今回は”富士山五合目からの登山を、初心者でも簡単に成功させたストーリー”#3です。
________________________________
 
 

富士スバルライン(富士山五合目)に無事に到着して、富士山を見上げてみると……

%e4%b8%96%e7%95%8c%e9%81%ba%e7%94%a3%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%8b%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1%e7%99%bb%e9%a0%82%e3%82%92%e3%80%81%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%81%a7%e3%82%82%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%95
 
富士山の頂上が見えるので、一見して頂上がすぐそこにあるように思える(笑)。
 
案外すぐに着いたりしてー(笑)そんなわけないけどね。
 
しかし、気になるのは、さっきから山頂に雲がかかったまんまってこと。
 
もしやあそこの中は……大荒れの嵐とか(笑)??って、笑い事じゃないけどね。
 
%e4%b8%96%e7%95%8c%e9%81%ba%e7%94%a3%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%8b%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1%e7%99%bb%e9%a0%82%e3%82%92%e3%80%81%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%81%a7%e3%82%82%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%95
 
世界遺産登録直後だということもあって、もっと大混雑を予想していたが、人の数(登山者)は思ったほど多くなく、ちょっと拍子抜け。
 
%e4%b8%96%e7%95%8c%e9%81%ba%e7%94%a3%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%8b%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1%e7%99%bb%e9%a0%82%e3%82%92%e3%80%81%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%81%a7%e3%82%82%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%95
 

登山者というより、観光客が多いのかな(笑)。

では、富士山に挑む前に、じゅんちゃんが購入していた”富士山ガイドブック2013”に掲載されていた富士山カレーを食べに行く。

%e4%b8%96%e7%95%8c%e9%81%ba%e7%94%a3%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%8b%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1%e7%99%bb%e9%a0%82%e3%82%92%e3%80%81%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%81%a7%e3%82%82%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%95
 

これが噂の富士山カレー。

富士山というよりは………ねぇ…‥……これって…‥‥…そうそう…‥…‥そうじゃないよ…‥…‥でもそれに近いような…‥…‥やっぱり…‥…いやいやそんなはずはない……‥‥後は、ご想像にお任せします(笑)。
 
店内は特に混雑するようなこともなく、すんなり入店もできた。
 
この富士山カレーが美味しいか美味しくないかはさておき、登山前なんで腹ごしらえ。

________________________________

腹ごしらえをしたところで、体を高所に慣れさせるため、ちょっと五合目を散歩……
 
%e4%b8%96%e7%95%8c%e9%81%ba%e7%94%a3%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%8b%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1%e7%99%bb%e9%a0%82%e3%82%92%e3%80%81%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%81%a7%e3%82%82%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%95
 
と言いながらも、どんどん登山入り口へ向かっていく俺以外のメンバー。
 
「えっ?もう行くの?大丈夫なの?」という俺の声は、誰の耳にも届かないまま完全に空を切り、すでにメンバーは登る気満々だった……(汗)。
 
「まぁ別にいいかな。」とは思いつつ、内心はちょっと不安だった。
 

高所に体が慣れてないうちに登山を開始してしまうと、高山病になる恐れもあったし、みんなさっきまで1200Kmもの距離を車で移動してきた訳だから、体が疲れてないとは到底言い切れない状態。

富士山を目の前に、興奮という心と体の反応によって、目に見えない疲れを感じなくなってる?

少しは休んだ方がいいとは思ったけど…。
 
%e4%b8%96%e7%95%8c%e9%81%ba%e7%94%a3%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%8b%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1%e7%99%bb%e9%a0%82%e3%82%92%e3%80%81%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%81%a7%e3%82%82%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%95
 
そんな事を考えてる間に、メンバーの足はドンドンドンドン、富士山吉田ルートを進んでいく。
 

その時は、俺もそんなに深刻に事を考えていなかった……「まぁ大丈夫だろう」って軽い気持ちだった……

__________________________________

富士山の五合目(富士スバルライン)までは車で来てたんで、ちょっと歩いただけでいっきなりの絶景!!
 
%e4%b8%96%e7%95%8c%e9%81%ba%e7%94%a3%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%8b%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1%e7%99%bb%e9%a0%82%e3%82%92%e3%80%81%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%81%a7%e3%82%82%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%95
 
%e4%b8%96%e7%95%8c%e9%81%ba%e7%94%a3%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%8b%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1%e7%99%bb%e9%a0%82%e3%82%92%e3%80%81%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%81%a7%e3%82%82%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%95
 
すでに結構な高所に来ている事を改めて感じながら、最高のロケーションで富士山に迎えてもらって、メンバーも俺も興奮と感激(笑)。
 
その理由が、俺のこの変なポーズに表れている(笑)。
 
%e4%b8%96%e7%95%8c%e9%81%ba%e7%94%a3%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%8b%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1%e7%99%bb%e9%a0%82%e3%82%92%e3%80%81%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%81%a7%e3%82%82%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%95
 
途中、森林浴さながらのマイナスイオンを浴びながら、まずは六合目を目指す。
 

序盤も序盤を登りながら、下ってくる下山者の方々とすれ違う度に、ふと気になった事があった。

顔が……お顔が…半数以上の下山者の顔が”顔面蒼白”の状態なのだ。

疲れきっているというか…満身創痍というか…何というか…ヤバそうな感じで、笑顔なんて振りまく余裕なんて微塵も感じられず「俺に構うな」という暗黙のオーラをまとい、周囲との距離を取っていた…(笑)。

「えっ…マジで…これは相当辛いんだな…」と心の中で何度も大きなため息をつきながら、まだまだこれから登っていかなくちゃならないのに、ほんの数%だけ「来なきゃよかった(汗)」と思った。

それだけ下山していた登山者の皆様のお顔は、登山の大変さを物語っており…

「おめぇたち、軽い気持ちで富士山登んじゃねぇぞ!」

と、下山者の方々にすれ違う度に言われているように思えた(笑)。

まぁ、中には笑いながら楽しそうに降りてくる登山者もいたけど、その人たちはさぞや登山上級者なんだろうと思う。

%e4%b8%96%e7%95%8c%e9%81%ba%e7%94%a3%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%8b%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1%e7%99%bb%e9%a0%82%e3%82%92%e3%80%81%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%81%a7%e3%82%82%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%95

___________________________________

登山の鉄則は、疲れてから休むなかれ!

”疲れる前に”体を休めたり、”喉が乾く前に”水分を取ったりする事が大事である。

なので、適度に休憩を取りながら、ゆっくりペースで六合目に到着。

そこで、ちょっと用を足そうとトイレに行ったが……、いくら世界遺産の富士山と言えど、やはりそこは……うそだろマジで……そうだよね……そんな人件費避けないよね……そういう事になってるんだね(汗)。
 
淫らなトイレとだけお知らせしておきます(笑)。
 
%e4%b8%96%e7%95%8c%e9%81%ba%e7%94%a3%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%8b%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1%e7%99%bb%e9%a0%82%e3%82%92%e3%80%81%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%81%a7%e3%82%82%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%95
 
「ここから本格的な登山コースになるようで、気を引き締めていかなきゃ!」って思ってたら、先ほどまで元気?だったじゅんちゃんのご様子が……妙な感じ(汗)。
 

体調を聞いてみると…「頭痛いかも(笑)?」と漏らした。

俺 「え……(笑)?うそやろ?マジで??」

じゅんちゃん 「薬ば飲めば、大丈夫やろ。」

五合目(富士スバルラインを)出発して、まだ40分ほどしか経過していないのに…先行きがマジで不安に。

心の中で「まだ六合目なのに早くねぇ?」と、さっきまで元気だった登山部リーダーじゅんちゃんを、俺は頼りにしていただけにちょっと拍子抜けした。

%e4%b8%96%e7%95%8c%e9%81%ba%e7%94%a3%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%8b%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1%e7%99%bb%e9%a0%82%e3%82%92%e3%80%81%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%81%a7%e3%82%82%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%95
 
しかし「まぁ大丈夫だろう」と自分たちに言い聞かせながら、少し不安に思いつつも、頂上を目指していく。
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

Push7で購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。