子供に喜ばれるパパの手料理のはずが?!現実は厳しい結果に。2016年11月17日ダイヤリーログ

崖っぷちの哀しみを乗り超えて。

いつも”俺的デザインログ”を読んで頂き、ありがとうざいます。どもども、PEITA(デザインブロガー@PEITA)です。

パパ料理!今日の夕食は、長崎県産の海老カツを作る!

あっ、俺は長崎県民です(笑)

その海老カツをあげました。

やっぱり自宅での揚げ物は、外食の時と違って、美味しいんですよね。

揚げたて最高!

そんで、昨日買い物してる時に発見したカニ!

カニの味噌汁の調理法を色々ググりながら初めて作りましたよ、イエイ。

めっちゃ美味いったらありゃしないんですよ〜。

家族のために、家族のみんなのために、時間がある時はパパの手料理を届けたい!そんなピュアな心で、家族の「美味しい」と微笑む笑顔を見るためだけに、パパは頑張りましたぜ!

エビカツ料理については以下より

えびカツ《簡単・はんぺん・むきエビ》

パパは頑張ったけど、そのあと崖から突き落とされました

しかーし!子供たちは……

長女からは「海老カツ硬い…」

次女からは「今日のみそ汁、臭い…」

姉妹揃って「美味しくないね……」

 

え……………(泣)

 

メンタル床にドスン……(泣)

せっかく頑張ったんですけど……

まぁでも……日頃から「パパよりママが良い」って言われ続けてますので、子供からディスられるのは慣れてます。

けど、悲しい…

けど、慣れてます…(泣)

けど、切ない……

家族にみんなに美味しい料理を食べてもらおうというモチベーションで、壮大に駆け回っていた大草原が突如となく崩れ、いきなり崖っぷちに立たされた模様です、俺(笑)。

数十分、凹みました。

でも、子どもが言う「まずいものはまずい!」ってことは理解できるんですよ。

まずいんだろうら。ふん。

相手のために、愛を持って行動しているからこそ”相手の意図しない反応に、異常に反応してしまう”んですよね、人間は。

まったくの他人や関係ない人に言われても、「イラッ」としてしまうだけで、”悲しさ”はそれほどありません。

愛があればあるほど、グサッと刺さる深さは、日本の反対側のブラジルまでも突き抜けることがあるかもしれません。

つまり、それは”あなたのために頑張った”=”こっちが望むような反応を見せて”という自分の中の勝手な反応ルールというものがあるからですよね。

だから、そんな時はいつもこう考えます。

子どもはね、歌を歌っているんだ

やっぱりね、子どもから言われると凹むんですよ、そりゃ(笑)

「パパ嫌い」とか…いつも泣きますよ(笑)

でもね、それは子どもが悪いわけじゃないんですよね。

こどもは”嘘”をまだ知らないから。

良い意味も悪い意味も、”嘘”をつかない、”嘘”をつけない人生を送れる、人生の中でのピュアな時間を生きているんですからね。

だから、子どもは”まっすぐな思い””まっすぐな気持ち”を歌ってくれてるんです。

それが1番です!

だから、俺の手料理に、まっすぐな気持ちの歌を歌ってくれたんです。

今回、子どもが俺のまずい料理に歌ってくれた歌は、”純粋な問題提起”というアルバムに収録されている「今日の食事は、硬いし臭いし、どうなってんの?」っていう曲なんですね。

泣けます!泣けますよ!この歌は(泣)

夜に枕が濡れるほど、心に響きますよ(笑)

だからといって、「”まずい”って言われてもへこたれないもんね〜人それぞれ味覚も違うし、俺だって一生懸命頑張ったんだんら!そんなのいちいち気にしない気にしない!」というメンタルコントロールではありませんよ!

これはポジティブではありませんからね!

つまり「それなら、エビカツが硬くならないようにするにはどうしたらいいのか?蟹の味噌汁をカニ臭いと言われないためには、どういう処置が必要だったのか?」を考えるんです。

これがポジティブですよね。

その背景をしっかり認識し、「自分の料理には、まだまだこれから可能性があるんだ!」って、潜在意識を持つこと。

そういうメンタルコントロールをしながら、「パパの料理美味しい!」って言われるのが当たり前になるまで、パパは料理を楽しみますよ!

子どもの反応で傷ついてしまった時に行うメンタルコントロールまとめ

時には鬼のような発言をする子どもたちですが(笑)

子どもの気持ちは、まっすぐな歌。

子どもの気持ちを、たくさん聴くことはとても大切です。それほど感情移入できる歌はこの世にありません。

その歌を遮ることはせず、まずしっかりと聴いて、その歌の意味を理解し、行動することが大切ですね。

もちろん、その歌が聞くに堪えないものならば、感情的になってもいいです。

だけど、絶対にあとで後悔するんですよね(笑)

だってそれは、愛する子どもが歌ってくれる歌だから。

その歌を、感情や怒りに任せて抑制してしまうと、まっすぐな歌を聴けなくなるかもしれない。

それを聴くことがなくなったとしたら、そっちの方が悲しいですよね。

家族にきちんと自分の意見を伝えることができる環境は、とても大切ですよね。

それが愚痴だって、悪口だってね。

「子供は、まっすぐ。」

だから、子どもが歌う、”嬉しい歌””悲しい歌”をたくさん聴いていくことが、親の愛だと思います。

子どもの歌を聴きながら、調子に乗ってギターでも弾いてみたくなりますけどね(笑)

「パパうるさい」がオチですよ(泣)。

そんなメンタル弱そうな俺でも、人生にしっかりと夢を持って生きていますよ。

 

では、まったねー。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA