Apple Watchで人生が変わった!おすすめのすごい機能5選&使い方!電話,健康,運動,通知,捜索などのライフツール!

AppleWatchで人生が変わった話の画像

Apple Watchは、人生を効率的にするための最適なライフツールです。

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。どもども、デザインブロガーPEITAです。

今回は、Apple Watchを「series1」「series3」と実際に使用してみて人生が変わるくらい便利だと感じた5つの魅力的な機能、「ミュージックをコントロール」、「iPhoneを探せる」、「通知機能」、「通話機能」、「アクティビティ機能」について、俺的な活用方法というスタンスでご紹介致します。

【関連記事】Apple Watch Series 3 Cellularと初代のデザインやスペック比較。

【関連記事】Apple Watch series3 セルラーモデル開封レビュー&購入方法を紹介!

あなたのApple Watch の購入、または使い方の参考にして下さい。

ミュージックアプリのリモコンになる機能

Apple Watchでミュージックをコントロールする画像

通常iPhoneで AirPodsやイヤホンなどで音楽を聴く場合、曲の再生や停止、スキップ、ボリューム(音量調節)、アーティストやアルバムなどの変更をする際、いちいちiPhoneを取り出し、ミュージックアプリを立ち上げ、それらの操作をするという動作を強いられることになります。

しかし、Apple Watchがあれば、装着している腕を持ち上げスワイプ、もしくはデジタルクランをクルクルっと回すだけです。音楽聞いている場合は、Apple Watchの画面は、iPhoneと連動し、自然にミュージックアプリが立ち上がっています。

iPhoneがすぐそばになくても、iPhoneをポケットにしまったままでも、iPhoneをバッグやリュックに詰め込んでいたとしても、Apple Watchでミュージックをコントロールすることができるので、あなたのiPhoneでのミュージック・ライフは、Apple Watchでさらに快適にコントロールすることができます。この機能は非常に便利です。

AirPodsとの組み合わせでさらにさらに快適になります。

使い方は?

Apple Watchの画面の画像
  • iPhone側からミュージックを再生した場合は、ほとんどの場合に、Apple Watchの画面にミュージックコントロール画面がインジケートされていますので、迷うことはありません。
  • Apple Watch側からミュージックを再生した場合でも、上記の同様のことが言えます。尚、ミュージックコントロール画面が表示されていない場合は、Apple Watchのアプリ画面からミュージックを選択して下さい。

iPhoneを簡単に探すことができる機能

AppleWatchでiPhoneで探す画面の画像

「あっ、iPhoneどこやったっけ?」ふと自分の所有するiPhoneをどこにやってしまったのかわからなくなる時、結構多いんではないでしょうか。俺も実際、何度もiPhoneを見失ってしまう時があります。

そんな時は、Apple Watchの「iPhoneを探す機能」が非常に便利です。Apple WatchからiPhoneの居場所をで特定してくれます。いわゆる、Apple Watchから遠隔操作で、iPhoneのビーコンを鳴らすといった感じです。

使い方は?

Apple Watchの画面の画像

上記の写真は、Apple Watchの下部分を上にスワイプすると表示される画面です。いくつか並んだアイコンの中に、”赤枠(iPhoneから音が鳴っているようなアイコン)”がわかるでしょうか。そのアイコンをタップすると、iPhoneから音が鳴る仕組みです。音は意外を聞こえやすいので、大豪邸の家じゃなく、一般人が住むような家の中であれば、iPhoneからの音は聞こえます。

「あれ、iPhoneどこ置いたっけ?」という状況になったら、使ってみて下さい。俺みたいに忘れっぽい人には、非常に重宝される機能だと思います。

やはり通知機能は便利

iPhoneだけでは、電話、メッセージ、その他のアプリの通知に気づかなかい場合が多々あります。また、気づいたとしても、iPhoneをポケットからわざわざ取り出して、どのアプリからの通知なのか?を確認し、その内容を見てみると、どうでもいいようなメッセージの内容だったり。

iPhoneをポケットから取り出す、バッグから取り出す、デスクの上から持ち上げて確認する手間などの動作が、Apple Watchさえあればなくなります。Apple Watchがあれば、装着している方の腕を上げると、どのアプリの通知なのか?を容易に確認でき、そこからワンタップで内容まで確認することができます。さらにさらにそのまま返信だってできちゃいます。

つまり、メッセージに関して言えば、簡易的な返信だってApple Watchでできるので、メッセージを受信してからのレスポンスも早くなります。しかも、大事なメールであるならば、iPhoneを取り出して返信するのも良し。兎にも角にも、今まではiPhoneを取り出さないと分からなかったことが、Apple Watchで、予め通知の優先順位を判断することができるということです。

使い方は?

アプリによって様々ですが、特に何をする必要もなく、iPhoneで使用しているアプリであれば、Apple Watchに通知がきます。通知が来たら、ササッとApple Watchで確認して、次の動作を判断する(優先順位)だけです。

いつでもどこでも通話機能が便利

iPhoneを取り出すこともなく、Apple Watchで電話の受け答えができるので、車の運転中や通話の内容が差し当たり人に聞かれても問題のない内容、さらには人の迷惑にならない状況であるなら、Apple Watchで通話が完結できます。

通話機能と言っても、docomoなどのキャリアサービスである”Apple Watch単体での通話(モバイル)”についてのことではなく、”Apple Watchで通話ができること”について、便利だということをお伝えします。

使い方は?

Apple WatchとiPhoneのベアリングが完了している状態であれば、デフォルトでiPhoneへの電話の着信が、Apple Watchにもありますので、そのままApple Watchの画面で通話ボタンを押すだけです。すると、相手の声はApple Watchのスピーカーから聞こえますし、こちらの声もApple Watchのマイクから相手に聞こえます。それなりの音量しかないので、周りの状況によっては聞こえづらいかもしれませんので、そこだけ注意して下さい。

アクティビティ機能がクセになる

Apple Watchの魅力的な機能の代名詞でもある”アクティビティ”。色々な活動量計などを買えばいくらあっても足りませんが、このApple Watchにはあらかたの活動量計が備わっています。今日の自分の1日の活動量を容易に知ることができるので、日々の運動不足の解消や、運動やアクティビティに対する意識も変わり、何よりも日々の自分の活動量のライフログ(アクティビティログ)を確認できることが、充実感を味わえるので、クセになります

また、こちらの記事『Apple Watch series3 セルラーモデル開封レビュー&購入方法を紹介! あなたの毎日が変わる。』でもご紹介している「Apple Watch Series3」なら、高度計も備わっているので、階段や坂道なんかの活動量も計測してくれますので、すごく快感になります。

iPhoneでアクティビティが表示された画像

このように、Apple Watchで活動量の情報を収集して、iPhoneで細かく確認することができます。

使い方は?

Apple WatchとiPhoneのベアリングが完了している状態であれば、Apple Watchを装着しているだけで、自動でアクティビティ=活動量を計測してくれます。

最後に

ということで今回は、Apple Watchを実際に使用してみて人生が変わるくらい便利だと感じた5つの魅力的な機能、「ミュージックをコントロール」、「iPhoneを探せる」、「通知機能」、「通話機能」、「アクティビティ機能」について、俺的な活用方法というスタンスでご紹介致しました。

これらに統一して言えることは、iPhone使いなら特に、Apple Watchで”もっと手軽な動作が行える”という部分です。

Apple Watchのこれらの機能で人生が変わった

他にもいくつかApple Watchの便利な機能がありますが、これらの機能だけで、俺はApple Watchがない生活が考えられなくなりました。

365日、プライベートでも仕事でも、雨の日も風の日も、気分が良い日も悪い日も、毎日必ず身につけています。そして、Apple Watchを使い始めて半年くらい経った時…

1日だけ…たった1日だけ……

Apple Watchを身に付けるのを、朝の出勤時に忘れたことがありました。朝、いつものように仕事に行く準備をし、車のエンジンをかけ、ハンドルを握り、アクセルをふかし、軽快に車を走らせていたら、ふと左の手首に違和感を感じました。

「何だか左の手首が、今日は寂しいな〜」

「あっ!!最悪だ!!AppleWatchするの忘れてる!」

と気づいた時には時すでに遅し。職場に到着.……そこから家に取りに帰れる時間の余裕はなし。「まぁ仕方ない!1日くらい腕時計を忘れたくらい気にしない!」と、気持ちを切り替えようとした途端……気分が落ち込み、モチベーションダウン。

すぐにもう一度「まぁ仕方ない!1日くらい腕時計を忘れたくらい気にしない!」というメンタルコントロールを試みましたが……それでも、気分が落ち込み、モチベーションダウン急降下。

マジか……最悪だ……

だってそれは、腕時計ではなく、Apple Watch。使用開始して半年の時点で、AppleWatchへの依存度は深刻化していました。

Apple Watchなしじゃ、今日頑張れない……。

そのくらいの気持になってしまうほど、Apple Watchが大切なライフツールになっているということが言えます。それは、「Apple Watchがない=生活の中での不便さを感じてしまうこと」がにつながっているということ、つまりそれだけApple Watchが、今ままでの俺の人生を変えてくれたということにもなります。

Apple Watchは「腕時計」=「時間を確認する」ではなく、「人生を効率的にしてしまうもの」と言えます。

あなたのApple Watchの使い方の参考になれば幸いです。ちなみに、俺は、iPhoneとApple WatchとAirPodsは、生活を効率化させる三種の神器と考えています。

最後まで読んで頂きありがとうございました、では、またお会いしましょう。

|Apple Watchに関するおすすめ本

|Apple Watchに関するおすすめアプリ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

AppleWatchで人生が変わった話の画像

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

Push7で購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。