#アソビくるう人生をきみに |ブロガーあんちゃの本を買ったら、一度もお会いしたことはないのに、あんちゃから愛の告白をされた件。

あんちゃ本の紹介記事のアイキャッチ

狂しいほど、ー 君に会いたい。

初めての方も、俺的デザインログを定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうざいます。

どもども、初めてのことで少々戸惑っているPEITAデザインブロガー@PEITA)です。

PEITAプロフィール

Appleが大好きです!(笑)

突然ですが、あなたは、クソマジメゲスブロガーのあんちゃさんをご存知でしょうか?

いや、クソゲスマジメクソブロガーだったかな……?

いやいや、クソナマイキゲスブロガーだったかな……?

とまぁ、それは置いといて。

あんちゃさんは、まじまじぱーてぃーというブログサイトを運営したり、「らぶりりーす」という恋愛メディアを運営したり、オンラインサロンあんちゃとるってぃのヤるサロン主催したり、Webディレクターであり、プロブロガーなど、多岐にわたって活躍されている方です。

この人だにゃ〜!←俺のキャラじゃない(笑)

あんちゃの画像

画像引用元|まじまじぱーてぃー

表紙に奇抜なタイトルの書かれた本を露骨に押し出し、猫ひろしよりも少しテンション低めの猫ひろしポーズをしながらも、明らかに猫が好きな人であることが分かる猫の足の裏アイコンを施した背景がバックになっているあんちゃさんのプロフィール画像です。

それを象徴するように猫関連の記事《最高の癒し…宮城の猫島こと田代島を一人旅で観光してきた》も書いています。とっても猫が好きなようで、記事の文章では”猫”が”ぬこ”と呼ばれるまでに進化しています。

その他にも、下ネタ、キャリアやデザイン、お金の話、ファッションの話、下ネタ、人生について、さらには読書術、それに下ネタなどの記事を中心に”自分の生き方””自分の下ネタ”についての情報発信を下ネタしています。

下ネタばっかじゃん?

事実を確認したいなら、一度遊びに行ってみましょう。ここから→まじまじぱーてぃー

と、少し話が逸れましたが、タイトル通りの話に戻します。

単刀直入に言いますと……

まだ一度もお会いしたことがないのに……

突然、俺はあんちゃにの告白をされました

あんちゃ(以下、君)

あんちゃに告白された経緯

ことの発端は、約1年ほど前まで遡ります。

俺は1年前(2016年11月くらい)に、「自由に生きる」という目的意識を持ちネットビジネスの師匠である吉田さんのサポートを受け、このブログサイト「俺的デザインログ」を立ち上げ、その運営を開始しました。

»»フリーランスとして自由な生き方をするのにブログは最適なツール。 

»»【セルフブランディング=自分メディア】で仕事をしていきたい方!個人ブログで集客力を高めて、好きなことで生きていくための情報発信をしよう!

運営をボチボチ続けながら、先月ようやく月間4万PVを達成したところです。←遅っ!!

»»祝4万PV超え!ブログ運営のコツや方法!収入やPV赤裸々でもないけれど報告。

そして、ブログ立ち上げ当初の1年前から、自分のブログの勉強のために色々な方々のブログを読み漁っているわけです。

このお二人が運営するブログコミュニティに現在参加しています。(2017年12月時点)

»»俺が「BLOGGERS TEA PARTY」選んだ理由。

その他にも、

などなどのブログを、読者として読み漁ってました。

そうしている間に、運命的君と出会ったのです。

一方的に。←(笑)

いつもあんちゃを見ていました。

ストーカー的ではなく、読者として(笑)

君の書く記事は本当に率直で、それでいて素直で、そして”本音トーク”だからこそ人々からディスられ、そして逆に敬愛されているんだと思います。

俺は、”敬愛”している側の人間です。

そう、”俺は”ですね。

「本当にこの人は自分らしい人生を送っているんだな」といつも関心させられていましたし、刺激をもらっていました。

もちろん、すべてではないにしろ、色々な葛藤や不安もあり、苦労することも多いでしょうが、君の生き様にいつも触発されています。

そんな君の人生を生き移すかのように、俺もブログサイトの記事を楽しみながら、頑張って書いていました。

そんなある日……

あんちゃが書籍を発売!

もう他人事とは思えない!

身内だよ身内!←いや、他人だから。

君が書籍を出版するという情報を知り、飛び上がるように喜んだ……わけではありませんが、実際に「おお。やっぱりこの人は本当に行動力のある人だ」と深く関心させられました!

本のタイトルもすごくワクワクさせられます。

アソビくるう人生を君に。

迷わず!amazonでポチる!!!

と思いきや!サイン入り本の販売もしているようだったので、ギリセーフでサイン本の方をポチる!

»»あんちゃサイン入り本の予約はこちからど〜ぞ!

あんちゃ本の概要

好きじゃない仕事、いつまで続けるの?

「好きなことだけして生きていけるほど、世の中甘くないから」
――そんな言葉に立ち向かうために、わたしは「常識」という名の敷かれたレールをはずれた。

20代から共感の嵐!ブログ開設1年で月間70万アクセスを超えた著者・あんちゃの「敷かれたレールの外れ方」

凡人だって、自分の人生は自分の好きなように決めていい。
取り柄がなくたって、好きなことを見つけて生きていい。

特にやりたいこともなく、ただボンヤリ働いていた“フツー”の会社員だった著者が、好きなことを見つけて遊ぶように働き生きるようになった人生戦略とは?

●なんとなく毎日が不安、自分のやりたいことがわからない
●このままずっと同じ働き方をしていいのか悩んでいる
●周囲の意見に流されず、自分の意志で好きなことをして生きたい!

そんなモヤモヤを抱えるあなたの背中を押す一冊。

引用元|Amazon

君は書籍の販売を、大変だけれど楽しく進めているようですね。

»»本を読むだけでは、人生は変わらない。|あんちゃ本著書レビュー

»»凡人会社員だったしがないブロガーが商業出版に至るまでの流れと裏側 

そして発売&手元に届いた。

あんちゃ本の梱包写真

先ほども言いましたが、書店やネットショップから購入したわけではなく、君からの直筆サイン入りで購入したので、君の住所と本名が明記されており、なんだか親近感が湧きまくりでテンション振り切れる!(笑)

君が徹夜して書いてくれたサイン、そして君が明け方に梱包してくれたんですかね。ありがたい。←サイン入りを予約した全員分でしょうから、本当にお疲れ様です。

テンションが振り切れてしまったその勢いで、Twitterで君の迷惑も考えずにご報告しました!(笑)

本を読む前にサインを確認だ!

あんちゃ本の写真

表紙のデザインが可愛いですねwwwwおっさんキュン死www(笑)

さぁ〜どこにサインが書いているんでしょうね〜。

って、完全に俺は君のサインを欲してますね(笑)

あんちゃ本サイン探しの画像

冒頭からページをペラペラとペーパーイラストレーションのようにめくりながら、心臓がバクバクと俺の体を揺さぶる揺さぶる(笑)

そして!

…ついに!

……ついについに!

君のサインを発見!!

あんちゃサイン本の写真

おおおおおお!!!!

君の直筆のサインがあったぞー!!

って…

ん……?

んん……??

んんん………???

そんなまさか…………!?

あんちゃ本にIloveyou書いてある画像

 

 

 

 

キュン死wwww

 

 

 

 

ちょっと待て待て、呼吸が!!呼吸が…!!

 

心拍数が躍りまくってる!!

 

落ち着け俺!

 

とりあえず、自分の娘の珍回答画像でも見て、一旦落ち着いてみよう!

 

娘の珍回答

珍解答の記事はこちら▶子供のテストのおもしろ珍解答!バカか?天才か?それは紙一重なはず。

 

 

じわじわくるでしょ?

 

 

…やっぱうちの娘、本当に天才的だな(笑)

 

よしよし、それではもう一度、気を取り直して君の直筆サインを見てみます。

 

あんちゃサイン本の写真

 

からの〜!!

 

あんちゃ本にIloveyou書いてある画像

 

 

 

 

 

キュン死wwww←本日3回目ww

 

 

 

 

興奮覚めやらぬ状態ではありますが、こうして俺は、一度も君にお会いしたことはないけれど……

 

 

君からの告白をされました。

 

 

って…

 

ん……?

 

んん……??

 

んんん………???

 

そんなまさか…………!?

 

あんちゃ本見せかけ画像

 

 

……見せかけ?!

 

 

「見せかけ」ということは、そう見せかけておいての「◉◉◉◉◉◉◉」というところが本音ということですか?!

 

「I LOVE YOU」と見せかけての「I HATE YOU」?????

 

おっさんの心を弄(もてあそんだ)んだんだね、君は。

もし同じようなことをされた読者の方々がおりましたら、ぜひ被害者の会を立ち上げましょう(笑)

でも、これは完全に俺の一方通行的な解釈だから、直接君に聞かなければ!と思っていたところに、運命が君をこっちへ引き寄せました。(笑)

あんちゃ出版記念トークイベント in 長崎

あんちゃ出版記念イベントの画像

画像引用元|Facebook

»»Facebookイベントページ参加申し込み&詳細はこちら!

俺は《PEITAについて》長崎在住です。

俺から会いに行こうと思っていたら、君から会いに来てくれるなんて(笑)

行きたいけど、若者が怖いな

イベントに参加しよう!と思っていましたが、PEITA36歳、20代の若者が怖いです。

若者の何が怖いのなんのって、「自然とみなぎっている生きる力」ですよ。

全部むき出しにして「自然とみなぎっている生きる力」で俺に襲い掛かってくるでしょうから。

それに耐えられる自信がないです。

30代に突入して、体力の消耗が早いんです(笑)

でも、君の出版記念トークイベント参加&親睦会参加ポチりました。←やっぱ行くんかい!!

人生は一度きり、君と会う人生にするか、君と会わない人生にするか、この2つの選択肢を考えてみると、「若者の自然とみなぎっている生きる力が怖いから」という理由だけで、君とは会わない人生にするくらいなら、恥をかいても君に会う人生を俺は選びます。

狂しいほど、君に会いたいから。

君の嫌いな”くさいおっさん”にならないように、おっさんだけど香水をふっていきますので、”いい匂いのおっさん”だから安心して下さい。←怖い怖い!(笑)

最後に

あんちゃ本の概要で、あんちゃさんはこう書き記しています。

「好きなことだけして生きていけるほど、世の中甘くないから」
――そんな言葉に立ち向かうために、わたしは「常識」という名の敷かれたレールをはずれた。

引用元|アソビくるう人生をきみに。

「常識は変わらないもの」という教育を受けて俺は生きてきました。

けれど、生きていくうちに気づいていきました「常識って、人によって変わるもの」だと。

それは一般常識ではなく、個人の常識という意識をカテゴライズすれば、誰もみな「自分を正当化したい」ものだから。

それをきちんと双方が理解した上で、ようやく話ができるというものです。

そして、「近頃の若いものは」と、口癖のように吐き捨てる40〜50の完璧なおっさん世代は、「ゆとり教育」が何を生んだのか?をしっかり把握してほしいです!

ゆとりは、自分の人生をココぞとばかりに追求、そして探求していく”人が生きる上での自分らしさを作る性質”を生んだんだと。

俺はまだ読んでいなけれど、あんちゃさんの思いはブログで拝見しています。←本を読め!(笑)

これからどんどん”古い常識”をぶち抜いてくるあんちゃさんのような若者が出て来る(出てきている)時代なので、その若年世代の方々に、俺たちおっさん世代は逆に背中を押してもらいましょう!(笑)

若者ではなく、俺的には「40代以上60歳未満の乾いている世代」の方にぜひ読んでほしいです!

今を生きている人今の生き方が分かりますよ。

あんちゃさんの本が欲しい人は、以下をクリックしましょう。

と、見せかけて!あんちゃサイン入り本の予約はこちからど〜ぞ!

ということで、あんちゃさんいかがだったでしょうか?(笑)

本読んだら、レビュー記事も書こうと思います。←男に二言はない!という常識はなしで(笑)

と、「一度もお会いしたことはないけれど、あんちゃさんから愛の告白をされた。」という完全に釣りネタのように”見せかけて”、今回はあんちゃさんのアソビくるう人生をきみに。という本をご紹介しました!

という無理矢理なオチをつけることにしました。

ほとんど書きなぐりの記事で、取り留めのない内容になっていますが、最後まで読んで頂きありがとうございます。

では、「狂しいほど、君に会いたい」からの中継でした。

勝手にスタジオの方に戻します。→まじまじぱーてぃー

追伸|サイン本に「I LOVE YOU」と名指して書ける君のノリの良さは本当にすげー!ガクブルwww

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

あんちゃ本の紹介記事のアイキャッチ

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

Push7で購読する

2 件のコメント

  • 『ブログで拝見させて頂いています。』???????

    (?_?)
    二重敬語ですよ。36歳のオッサンがヘンテコリン敬語を使うなんて恥ずかしいと思います。

    させていただく症候群ですね。あなた。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。